カメラ日和編集部日記 “カメラと写真で毎日をもっともっとハッピーに”

<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧




カメラ日和学校第4期レポート(9/22)

こんにちは、カメラ日和編集部の小木曽です。
カメラ日和学校第4期のレポートをお届けします。

9/22(木)に開催したのは松島 徹先生の
「デジタル一眼講座/夜の撮影テクニックを学ぶ」講座。
平日の夜開催の、会社帰りや学校帰りなどに
気軽に参加できる2回のコースです。

写真を撮る講座は、これまで明るい時間がほとんどでしたが
昼とはまったく違った雰囲気が味わえる夜の撮影も楽しもう、
という新しい講座です。

最初に自己紹介しながら、持ってきた写真やお悩みを発表。
光が少ない夜の撮影では、「ブレる」といったお悩みがやはり多いよう。

続いて先生から、夜でもきれいに撮れるカメラの設定のお話。
ISO感度やシャッタースピード、絞りのお話など
作例を見ながら解説をしてもらいました。
b0043961_2315375.jpg


この日は、室内と屋外で撮影を実践。
カメラの設定をしたら、室内での撮影からスタートです。
室内での撮影は「暗いなかで昼間のように明るく撮る」がお題です。
部屋の照明を落とし、ろうそくの光とペンライトを使って撮影します。
シャッタースピードは、バルブに設定。
b0043961_2315689.jpg
b0043961_23144143.jpg

手ブレしないようにカメラを台や床に置いて撮影したり、
ペンライトやろうそくの光の当て方を変えたり、
ホワイトバランスも変えたりしながら
撮りたいイメージを目指して撮影しました。

室内撮影の合間にポートレート撮影もしました。
部屋を暗くしてペンライトだけの灯りで撮影します。
ペンライトにはカラーセロファンを貼り、いろいろな色が混ざった
カッコいい雰囲気を演出しながら松島先生が一人ずつ撮ってくれました。
b0043961_23145045.jpg


室内撮影を一通り楽しんだら屋外に。
3人一組になって順番にモデルになり、お互い撮影をし合います。
撮影したのは独特な雰囲気が素敵な高速道路の高架下。
点々と並ぶ照明の位置に合わせてモデルさんの立つ位置や
顔を向ける方向を変えたりしながら撮影します。
ほんの少しの違いで雰囲気がまったく変わってくるのが面白い!
夜は、光が少ない分光の当たり方が分かりやすいので、
光を探しながらじっくり撮影する練習にもぴったりです。
b0043961_23145558.jpg
b0043961_23145822.jpg
b0043961_23145376.jpg


最後は今日のお気に入りの一枚を選んで発表会。
屋内の写真では、
照明を落とした暗い部屋とは思えないほど明るく撮った写真や
陰影の付け方が印象的な写真、
屋外の写真では、光の当たり方やアングルを工夫して
ドラマチックに仕上げた作品など素敵な作品がいっぱいでした。
b0043961_2315092.jpg


最後に線香花火の撮影も楽しんで終了しました。
次回は9/30は夜の写真をテーマにZINE(小冊子)に仕上げます。

みなさん、遅くまでお疲れさまでした!
[PR]



by camerabiyori | 2011-09-24 19:29 | カメラ日和学校

vol.39プリント特集発売☆

こんにちは! カメラ日和編集部です。

少しずつ秋が近づいてきましたね。
残暑は厳しいけれど、朝晩は過ごしやすくなってきました♪
秋の夜長は、夏休みや連休に撮った写真のなかからお気に入りをじっくり選んで、
プリントで写真をもっとかわいくしてみませんか?

さて、今日は本誌39号の発売日です♪
特集は【かわいいヒミツはプリント術にあり[2]】!
b0043961_16344127.jpg

アルバムにおさめたり、部屋に飾ったり、贈り物にしたり。
写真を“プリントして残す”ことは、お楽しみのひとつ。
もちろん「かわいい写真」で残したいですよね!
何をどう撮るか……だけではなく「どうやってプリントするのか」も写真をかわいくする秘訣♡
入門者の方でもカンタンにかわいくプリントできるテクニックを伝授します。

b0043961_163517.jpg


◎プリントして残す、わたしの宝ものの一枚
見返すたびにじんわりとくる、特別な一枚。プリントするからこそ気づく、写真の力。
19人の19枚の“宝もの”をご紹介します。
b0043961_163006.jpg

島尾伸三さん/浅田政志さん/本城直季さん/ ホフディラン 小宮山雄飛さん/ポスタルコ マイク・エーブルソンさん/長嶺輝明さん/水野聖二さん/伊東俊介さん/赤荻 武さん/松島 徹さん/小倉優司さん/嶋本麻利沙さん/鍵岡龍門さん/長塚奈央さん/竹内靖博さん/wm,さん/gg 小山奈々子さん/井上陽子さん/masacova!さん

◎プリント準備編:かわいいプリントにするために
プリント術は「準備編」と「実践編」に分けてレクチャー。
「準備編」では撮影時の注意点とプリントの基本的な効果を学びましょう。
写真はプリント時の「明暗」や「色味」の補正よって印象がどんどん変化していきます。
その様子が一目で分かる「明暗&色味チャート」も必見ですよ!
b0043961_16351934.jpg


◎プリント実践編:かわいいプリントのつくり方
「実践編」では、カメラ入門者でも分かる、かわいいプリント術を写真家・長嶺輝明さんが伝授!
基本のお散歩写真をかわいくするのに大事なポイントはたったの2つ。
応用編として、おいしそう&さわやかプリントもご紹介します。
b0043961_16352250.jpg


◎頼りになる全国のおすすめ写真店57
みんなでお店プリントをもっと楽しむために、
全国の街の写真店から57のおすすめショップを選りすぐりました。
お店の方と上手にコミュニケーションしてかわいいプリントを仕上げていくための
お悩み&質問相談コーナーもぜひチェックを!
b0043961_16261376.jpg


ほかにも、用語集やプリントクイズなど充実の内容でお届けします♪

【 注目記事 】
◆PHOTOFES 2011レポート
真夏の一ヶ月間、全国6都市を巡った今年のPHOTOFES。
リレー展、フィルム"LOVE" フォトコンテストなどさまざまな写真展に
トークライブ、フリーマーケット、クイズ大会、撮影会……と盛りだくさんの内容で開催しました!
b0043961_16353654.jpg

「PHOTOFES2011」のレポートは本誌HPブログでも紹介しています。
当日の東京会場の様子が分かる「スライドショー」も必見!

◆カメラ日和×マークス「つくるシリーズ」
前回、雑貨メーカー「マークス」と作ったカメラグッズ。
好評につき続編が決定し、この夏「カメラ日和研究室モニター」にアンケートを実施。
みんなの声で新しいグッズができあがる過程を、今号&次号でレポートします!
b0043961_16353983.jpg

HPでも掲載中です☆

【  連載 】
*しまおまほのアルバム拝見!/川島小鳥さんの思い出写真登場
*Gomaのにっぽんなんちゃっておみやげ写真日記/沖縄編
*写真レター/クリエイティブディレクター・佐々木真由美さん → デザイナー・青木美帆さん
*よしもと写真部参上!/「かわいい」がテーマの写真発表会
*かわいいカメラグッズが欲しいっ!/Whytrophyさんの「グッドスマイル ロゼット」
 →通販はコチラ

ほか

前号で掲載させて頂いた「津波被災地の写真が閲覧できる集積所」や
「写真洗浄のボランティアを募集している集積所」の情報。
変更などがあった場所は情報を更新し、また新たにボランティアを募集している団体などを加え、
今号P77とHPで紹介させて頂いています。ぜひご覧下さい。

最後に、誌面にて作品を掲載させて頂いた方のお名前を発表致します!
(敬称略・順不同)

●P64〜 ニコン×カメラ日和 カメラつれてこ
「動物」写真:
talow/佐藤弥生/mayu/えんどうしおり/平山直子/城野千裕/奥山 大
「旅」写真:
岡西雄司/024sayaka/ケンサクリエ/sakaiayako/saana/くりりん

●P91 みんなでつながるリレー展
mai

作品をご応募下さったみなさん、ありがとうございました!

今号の表紙は、プリントを2枚持って見比べている女の子が目印。
プリントはほんの少しの補正で印象がぐっと変化します。
特集の扉をはじめ、実例をたくさん紹介しているので、ぜひ見てみて下さいね!
[PR]



by camerabiyori | 2011-09-20 06:01 | 編集部便り

今年の愛用カメラ・注目カメラ・お気に入りの一枚を教えて下さい♪

こんにちは。カメラ日和編集部です。

今年も残すところ3ヶ月。
手帳やカレンダーの「12月」のページが近づいてきましたね!

みなさんはこの一年、どんなカメラでどんな写真を撮りましたか?

また、今年も新しいカメラが続々と発売されました。
より小さく軽くなったり、初心者にも分かりやすい機能が付いていたり、
写真表現を広げてくれるエフェクト機能が付いていたり……。
一眼レフもミラーレス一眼もコンデジもトイカメラもトイデジも、
欲しいカメラがいっぱい☆
みなさんは、どんなカメラが気になっていますか?


今回みなさんに教えて欲しいのはこちらです!

ーーーー

[1]2011年の愛用カメラ
⇒今年「いちばんよく使ったカメラ」「いちばん活躍したカメラ」を教えて下さい。

[2]2011年の注目カメラ
⇒新しく発売されたカメラのなかで「気になるカメラ」「欲しくなったカメラ」を教えて下さい。

[3]2011年のお気に入りの一枚
⇒今年撮った写真のなかで「いちばんのお気に入り」「大好きな一枚」をお送り下さい。

ーーーー

[1]と[2]の集計結果は、本誌で発表させて頂く予定です。
[3]は、特に素敵な作品を掲載させて頂きます!

****応募要項****

[1]
●カメラの機種名
●コメント(愛用している理由)

[2]
●カメラの機種名
●コメント(注目している理由)

[3]
●写真データ:一枚
(350dpi、約1300×1800ピクセル以上、画像容量10MB以内)
●作品タイトル
●コメント(作品への自由なコメント)

そのほか
●お名前(ニックネーム可)
●ご連絡先のメールアドレス
●電話番号 など

応募フォームはこちらです
(郵送でのご応募は窓口を設けておりません。ご了承下さい)

[応募期間]~2011年10月11日(火)正午まで
※閉め切り間際など、サーバーが混み合う時間帯がございますので
余裕を持ってデータを送信して頂けますようお願い致します。

※こちらの受付は終了致しました。
たくさんのご応募ありがとうございました!


************

たくさんのご応募、お待ちしております!
みんなで今年のカメラライフを振り返りながら、一年を締めくくりましょう~♪
[PR]



by camerabiyori | 2011-09-19 19:28 | カメラ日和作品募集

カメラ日和学校第4期レポート(9/17、18)

こんにちは、カメラ日より編集部の小木曽です。
9月に開講したカメラ日和学校第4期講座。
9/17(土)、18(日)には3講座がスタートしました。
さっそくレポートをお届けします!

9/17(土)午前中の講座はカメラ入門者向けのコース
「カメラ入門/コンパクトデジタルで写真が好きになる」が開講。
講師は赤荻 武先生です。

「これから写真を始めてみたい」「カメラのことはまったく分からない」
という方に、気軽に使えるコンパクトデジタルカメラを使って写真とカメラの楽しさを触れてもらう講座です。

最初は自己紹介から。
撮った写真を見せながら、どんな写真が撮りたいか、お悩みなどを発表。
「手ブレしてしまう」「思ったところにピントが合わない」など同じ悩みを抱える方も多いよう。
これから学びながら解決していきましょう!
b0043961_23202650.jpg


赤荻先生からのレクチャーでは、カメラの構え方の基本からコンパクトデジカメの特徴、使いやすくするための設定、画角のこと、光のことを教わりました。
b0043961_23203242.jpg


初回のテーマは「やわらかい光」を探して「ポートレート」を撮ること。
カメラの設定ができたら撮影に出かけます。
b0043961_23203751.jpg


高速道路の高架下からスタート。
2人1組になってお互いを撮影します。
ここは屋根があるので直射日光は当たらない場所。
光は隙間から入ってくるのでやわらかい光になります。
b0043961_23204627.jpg


次は公園に移動して、順光や逆光、木漏れ日などさまざまな光を探しながら撮影です。
b0043961_23205520.jpg


赤荻先生も撮影に参加。
オリンパスさんからお借りした高級コンパクトデジカメ『OLYMPUS XZ-1』を使ってみなさんのポートレートを撮ってくれました。
b0043961_23205841.jpg


最後は発表会です。
やわらかい光を活かした写真や、逆光でシルエットになるように仕上げた写真など素敵な写真をみなさん撮っていらっしゃいました。

次回は、井の頭自然文化園に撮影遠足に出かけます!


午後からは、通年コースの
「フィルムカメラを楽しむ&自分好みのプリント術を学ぶ」講座。
引き続き赤荻 武先生が担当です。
「写ルンです」や一眼レフ&高級コンパクト、トイカメラを使ってカメラの違いによる写真の味わいの違いやかわいく仕上げるプリント術を学び、一年かけてフィルムの魅力をたっぷりと楽しむ講座です。

初回は自己紹介からスタート。
持ってきてもらった写真を見せながら、フィルムの好きなところやお悩み相談などを交えて自己紹介しました。
b0043961_2321274.jpg


レクチャーでは、今回使うカメラ「写るルンです」について学びます。
富士フイルムさんからご協力頂いて、39枚撮りのISO感度400の「COLORS」というシリーズをみなさんにお配りしました。
b0043961_2321514.jpg
b0043961_2321026.jpg


誰もが一度は使ったことのある「写ルンです」。
ピント合わせいらずでシャッターを押すだけなのになぜこんなにきちんと撮れるのか、その仕組みを解説。
「なるほどー」という声があちこちから聞こえてきます。

特徴を押さえたら、さっそく撮影に。
b0043961_23222215.jpg


撮影タイムの前半は、いきなりシャッターを押さずまずは気になるものをじっくり探します。
ファインダーを覗いてイメージをシミュレーションしながらしばらく散歩。
b0043961_23223422.jpg


どんなものをどういう雰囲気で撮るか、しっかりイメージを固めてから撮影に取りかかります。
写ルンです」の半分はこれで撮影しました。
b0043961_23225667.jpg


残りのフィルムは絵画館での撮影に使いました。
シャボン玉を小道具に撮影を楽しみ、この日はこれで終了しました。
b0043961_23234017.jpg
b0043961_2323638.jpg


次回に「写ルンです」で撮った写真を補正して仕上げます。
みなさんの写真がとっても楽しみです!


18日(日)は、長塚奈央先生と石川美和先生の通年コースの講座
「デジタル一眼講座/花・雑貨・料理・人物の撮り方とフォト雑貨」
を開催しました。

デジタル一眼を使った撮影と、写真を使ったものづくりを一緒に学べる講座です。
撮影の回の担当は長塚先生。
被写体テーマごとに撮影実践をしながらデジタルの基本の使い方をマスター、スタイリングのコツも学びます。
ものづくりの回は石川先生が担当。
撮った写真を使ったかわいいフォト雑貨作りを学びます。

最初は自己紹介からスタート。
持ってきた写真を見せながら、どんな写真が撮りたいかお悩みなどを一人ずつ発表しました。
b0043961_232421100.jpg


これからお悩みを一つずつ解決していって、イメージ通りの写真を撮れるようになりましょう!

自己紹介の後は先生のレクチャーです。
露出の基本、画角のこと、絞りのこと、光のこと、アングルのこと、今日の被写体テーマ「花」の撮影のポイントなどを作例を見ながら解説してくれました。
b0043961_2327320.jpg
b0043961_23265195.jpg


次は撮影の実践。
撮影には、日比谷花壇の本店である日比谷公園店さんからご協力を頂き生花を一人一輪と一輪挿しを用意しました。
今回ご提供頂いた花は、「ケイトウ」「クルメケイトウ」「ガーベラ」「トルコキキョウ」「カーネーション」「バラ」「リンドウ」など多彩!
色とりどりでとってもきれいです。
どの花を撮ろうか、仕上がりイメージを想像しながらの選ぶのも楽しいですね!
b0043961_23241050.jpg


好きな光を探して、背景がきれいにボケるように考えながらアングルを変えて撮影します。
b0043961_2325331.jpg
b0043961_23252610.jpg


また、今回はマクロ撮影の体験でマクロレンズも用意。
ニコンさんからは、DXフォーマット専用のマイクロレンズの最新機種
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G』を、
オリンパスさんからはフォーサーズ用のマクロレンズ
ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro』と
マイクロフォーサーズのPENシリーズに装着するためのマウントアダプター
フォーサーズアダプター MMF-1、MMF2』をセットで、
ソニーさんからはNEXシリーズ専用の最新マクロレンズ『SEL30M35』を、
キャノンさんからは、APS-Cサイズのデジタル一眼レフ専用マクロレンズ
EF-S60mm F2.8 マクロ USM』をお借りしました。

手持ちのレンズとマクロレンズを使いながら思い思いに撮影を楽しみ、この日は終了しました。
b0043961_2326320.jpg
b0043961_23261567.jpg


今日撮影に使った花はお持ち帰りして今日の復習や、宿題の撮影にフル活用します。

みなさん、お疲れさまでした!
[PR]



by camerabiyori | 2011-09-19 18:51 | カメラ日和学校

カメラ日和学校第4期レポート(9/10、11)

こんにちは、カメラ日和編集部の寺田です。
カメラ日和学校第4期がいよいよスタートしました。
今期も楽しく写真とカメラを学んでいきましょう!

9/10(土)の午前中は鍵岡龍門先生によるデジタル一眼講座、
基礎をしっかり学んで自分らしい一枚を撮る」が開講。

デジタル一眼を手にして、これからどんどん撮っていきたいという
初心者が中心に集まったこの講座では、基礎を繰り返して
しっかり体得していきます。

まずはどんな写真が好きで撮っているのか
お気に入りの写真を発表しながら自己紹介。

風景を撮るのが好き、旅先で現地の人を撮るのが好き、
それぞれの「好き」について話をしました。
また普段撮影していて感じていたお悩みも
直接先生に相談しました。
b0043961_21305855.jpg

初日のこの日はまず、デジタルカメラの仕組みからレクチャー。
レンズ、ボディそれぞれの役目や、カメラが取り込む光が
絞りによって変化すること改めて確認しました。
b0043961_21311612.jpg

次は「ホワイトバランス」を使い色温度による色の変化について。
晴天、曇天、蛍光灯……など、たくさんモードがあるものの
あまり使いこなせていない人も多かったホワイトバランスを変化させ、
同じ部屋の光、被写体で撮り比べてみました。
モードによって赤みや青みを帯びるので、
撮りたい雰囲気の設定を知ることができました。
b0043961_2131379.jpg

b0043961_2132114.jpg

そうして決めた「今日のお気に入りのホワイトバランス」で今度は外に出て撮影。
室内の光で撮った写真とでき上がりを比べ、
外の光と室内の光での差も実感しました。
b0043961_21322571.jpg

最後は写真をプロジェクターで投影し作品の発表会。
設定したホワイトバランスや撮影時に気をつけたことを
話しながら、先生に講評してもらいました。
b0043961_21324693.jpg


次回は江戸東京たてもの園へ撮影遠足に出かけます。


午後からは長嶺輝明先生による「カメラ日和的かわいい写真を撮る講座」です。
本誌でもZINE(小冊子)作りの連載でかわいい写真の撮り方、
まとめ方を連載いただいている長嶺さんに直接学ぶこの講座。
撮影の実践や宿題の講評を通して、テクニックからセンスまで教わります。
b0043961_21331727.jpg

まずは普段撮っている写真、カメラについて話しながら自己紹介。
そして「かわいい写真」とはどういう写真なのかについてレクチャーです。
お手本に先生の著書や手作りのZINEを見せてもらいながら話を聞き、
被写体、被写体との距離感、プリント……いろんな要素があることを実感。
b0043961_21333827.jpg

また、撮ることも大切ですが何枚か写真を選んで
組み合わせると雰囲気も変わりストーリーが生まれます。
実際に先生に選んでもらい壁に貼ってみたところ
「かわいい〜」の声が上がりました。
b0043961_21335662.jpg

これから宿題で撮った写真を毎回先生にセレクトしてもらう
ことになりますので、その感覚を学んでいきましょう!
b0043961_21522093.jpg

次回は「自分の身近なもの」をテーマに
散歩写真を撮ることが宿題です。


9/11(日)はgg先生による「コラージュフォトブックを作る講座」で
写真のかわいいまとめ方を学びました。

いままで写真コラージュをやってみたいと思っていたけれど
なかなか始められなかったというみなさん。
この講座でカレンダーやコラージュブック作りを実践します。

まずはggの原田さちこさんによるコラージュ素材のお話です。
写真と組み合わせるものは紙だけでなくテキスタイルなども
利用するというアイデアに「なるほど〜」の声が。
b0043961_21524172.jpg

原田さんの作品の実物を手に取って見ながら、これからの
自分の作品にイメージを膨らませました。
b0043961_2153388.jpg

そしてggさんのショップからいろいろ素材を持ってきていただき
即席の雑貨屋さんが開店! この日のコラージュの練習に使う
かわいい絵柄の切手や壁紙などの素材を特別価格で購入することができました。
b0043961_21534883.jpg

b0043961_2154064.jpg

ggの小山奈々子さんからはコラージュの構図のレクチャー。
色の配置、余白の取り方、文字の入れ方……、
写真と他の要素のバランスについてポイントを学びました。
b0043961_21542723.jpg

そしていよいよコラージュの実践練習です。
今回は作ってすぐに使える2011年10月〜12月のカレンダーを制作。
どんなテーマにする? どの写真をセレクトする? 
数字はどれぐらいのサイズにする? 
楽しく悩みつつ先生にアドバイスをもらいつつ、作業を進めました。b0043961_2154508.jpg

次回までにこのカレンダーを完成させてくるのが宿題です。
でき上がりが楽しみですね!

全5回の講座でフォトブックを2冊制作する、gg先生の「コラージュフォトブックを作る講座」。
「興味はあったけど応募しそびれしまった」「まず1冊作ってみたい」
そんな方に朗報です!
2冊めの制作に取り組む12、1月の2回のみでのご参加をただいま受付中!

詳細&ご応募はカメラ日和学校のHPでチェックして下さいね!
→ カメラ日和学校「コラージュフォトブックを作る講座
[PR]



by camerabiyori | 2011-09-18 21:29 | カメラ日和学校

「塩竈フォトフェスティバル2011」開催のお知らせ

こんにちは、カメラ日和編集部です。
「塩竈フォトフェスティバル2011」開催のお知らせです。

宮城県塩竈市の写真館に生まれ育った写真家・平間 至さんが
中心となってプロデュースするイベント
「塩竈フォトフェスティバル」の第3弾が10月に開催されます。

第一線で活躍する写真関係者が一堂に会し
12日間に渡って開催されるこのイベントでは、
ポートフォリオレヴュー、公募による写真賞のほか、
展覧会、ワークショップ、トークイベントなどの企画が行われます。
多彩な企画が満載の“楽しむ”フォトフェスティバルです。

会場となる宮城県塩竈市は、3月の東日本大震災で大きな被害を受けた場所。
今回の「塩竈フォトフェスティバル」は、
写真作品を通じて人間の強さや美しさを感じることで
写真の持つ力を改めて考える機会となり、
塩竈市の復興への歩みの進める後押しになれば、
という思いも込めて開催されるそう。

みなさんもぜひを足を運んでみて下さい。

----------------------------------------
【開催概要】
[日程]
2011/10/12(水)~23(日) 12日間

[会場]
(1)ふれあいエスプ塩竈
 →http://www.city.shiogama.miyagi.jp/guide/svGuideDtl.aspx?servno=244
(2)ビルドスペース(現代アートギャラリー)
 →http://www.birdoflugas.com/
(3)亀井邸(大正13年に建てられた和洋併置式住宅)
 →http://kameitei.da-te.jp/
他、塩竈市内各所

[HP]
塩竈フォトフェスティバル公式ブログ
 →http://gamaphoto.blog31.fc2.com/

b0043961_215971.jpg

[PR]



by camerabiyori | 2011-09-15 21:05 | infomation

PHOTOFES東京会場・ムービーレポート!

こんにちは、カメラ日和編集部の小木曽です。
9月に入り、残暑の中にも
秋の気配を少しずつ感じるようになってきましたね。

真夏の暑さに負けないくらい暑く盛り上がった
PHOTOFES2011も、8月末ですべて無事終了しました。
会場にお越し頂いたみなさん、本当にありがとうございました!

PHOTOFESの全会場のレポートは『カメラ日和 vol.39』でもご紹介しますが
一足お先にムービーレポートをお届けします!

7/30(土)のPHOTOFES2011初日、東京会場の様子を
パラパラ写真にしたムービーとデジタル一眼レフ『Nikon D5100』で
撮影したムービーです。

まずはパラパラ写真で一日の流れをご覧下さい!
元になっている写真は写真家・赤荻 武さんによる撮影です。



朝の準備風景に始まり、オープン前の行列(ありがとうございました!)、
午前中のフリーマーケット、午後のクイズ大会に藤代冥砂さんのトークショー、
しまおまほさん、梅 佳代さん、川島小鳥さんのトークショーなどのイベントに、
写真展は、カメラ日和×コダックの「フィルム"LOVE"フォトコンテスト」応募作品による写真展、
リレー展、カメラ日和学校第3期後期卒業写真展、CameraPeopleさんの「恋人写真展」、
Photobackさんの「続・写真部がつくったPOCKET展」、
さらに伊東俊介さんによる写真館「いとう写真館」、
ピクトリコさんのプリントお試しコーナーなどなど
盛りだくさんの一日でした!


続いてニコンさんからお借りしたデジタル一眼レフ『Nikon D5100』で
撮影した「Dムービー」。
画像に特殊効果をかけられる「スペシャルエフェクトモード」の
「ミニチュア効果」を使って撮影しました。
「スペシャルエフェクトモード」は写真だけでなく動画も撮れるので
いろいろ楽しめます。



人がミニチュアの人形のよう。
コマ送りのような動きも、おもちゃっぽさが出ていて面白い!

よりミニチュアっぽさを出すために、かなり高い位置から俯瞰で撮っています。
これにはマンフロットさんからお借りした「GITZO」の
システマティックジャイアント三脚『GT5561SGT』という大きな三脚が大活躍。
三脚だけでも見上げるほどの高さまで伸びるのですが、
さらに伸縮可能なポールをセットしています。
どちらもぎりぎりまで伸ばすと、なんと4mを超えるというから驚きです!

カメラの位置も定点で編集も加えていませんが、
カメラの機能を活用してちょっとした工夫をするだけで
ムービーもこんなに簡単に楽しめちゃいます。
ムービーに興味のある方はぜひお試しを♪


最後にバックナンバーフェアのお知らせです。

9/1(木)より、東急ハンズ池袋店2Fで
『カメラ日和』のバックナンバーフェアが開催中です!
b0043961_20291466.jpg

写真にちらりと写っていますが、SOLDOUTになってしまった号も
販売しています。
なくなり次第終了なので、お目当ての号がある方はお早めに!

他にも、カメラ日和×マークスのコラボ企画で作った
カメラストラップやカメラポーチなどのオリジナルグッズ、
トイカメラなども揃えていますので、
お近くの方はぜひ足を運んでみて下さいね。

期間:9/1(木)※開催中~1ヶ月間を予定
開催店:東急ハンズ池袋店2F
アクセス:http://ikebukuro.tokyu-hands.co.jp/info/index.html

b0043961_20292088.jpgb0043961_20283494.jpg
[PR]



by camerabiyori | 2011-09-02 20:34 | 夏恒例PHOTOFES!

「フィルム“LOVE”フォトコンテスト」NY撮影ツアーの日程を発表!

こんにちは。カメラ日和編集部です。

8/15(月)に締め切りを迎えた
「カメラ日和×Kodak フィルム“LOVE”フォトコンテスト」。
選考もいよいよ大詰めです!

最優秀賞に選ばれた3名にプレゼントされる特典
「NY撮影ツアー」の日程もほぼ決定しました!
・・・・・・・・・・・
【NY撮影ツアー日程】
10/13(木)成田発~18(火)成田着予定

・・・・・・・・・・・

最優秀賞の方はツアー前に編集部にて
「懇親会&ツアー説明会」を行うことになりました!
・・・・・・・・・・・
【懇親会&ツアー説明会】
9/18(日)14:00〜(1時間ほど)予定

場所はカメラ日和フォトスタジオ(東京・信濃町)を予定しています。

・・・・・・・・・・・


「コダックフォトギャラリー」での入賞作品展(一部)の日程も決定!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【会期】2012/1/20(金)~26(木)予定
【場所】〒104-0061東京都中央区銀座1-3先インズ3隣

 会場の詳細はこちらをご覧下さい。
 http://www.kjimaging.co.jp/kodakgallery
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


**********

〜今後の流れをおさらい!〜

●8/25(木)夜〜8/26(金)
「コダック賞」の入賞候補に残った方には、メールとお電話でご連絡させて頂きます。
9/2(金)AMまでに、最終選考のためのフィルムをお送り下さい。

●9月上旬
「最優秀者」3名の方にはメールとお電話で「内定のお知らせ」と
「NY撮影ツアーへの意思確認」をさせて頂きます。

●9/17(土)
本誌HPにて「コダック賞コース」受賞作品を発表。
「カメラ日和賞コース」の受賞作品も改めてご紹介。

●9/18(日)
「最優秀者」3名と編集部で「懇親会&ツアー説明会」を行います。
カメラ日和フォトスタジオ(東京・信濃町)にて14:00〜(1時間ほど)の予定です。

●9/20(火)
「最優秀作品」に選ばれた3点を本誌誌面にて掲載。

●10月上旬
両コース「入賞者」の方には特典の「フォトブック無料制作プレゼント」のための
ご案内のご連絡を差し上げます。

●10/13(木)~18(火)予定
「最優秀者」3名はNY撮影ツアーへ。(その様子は誌面にてレポート)

●年内予定
「入賞者」特典のフォトブックをお届けします。
「コダック賞コース」の入賞者の方にはプレゼントのフィルムもお届けします。

●2012/1/20(金)~26(木)予定
「最優秀作品」「入賞作品」の一部を「コダックフォトギャラリー」(東京・銀座)にて展示。

<ご注意事項>
※20才未満の方が最優秀者に選出された場合は、NY撮影ツアーを催行する際に保護者の同意が必要です。
※最優秀者のNY撮影ツアーについては10/13(木)~18(火)を予定しておりますが、諸事情により変更及び中止になる場合がございます。空港使用料、税金、燃油サーチャージは別途ご負担頂く必要がございます。成田空港までの交通費、渡航先での宿泊費以外の一切の費用は当選者のご負担となります。当選の権利はご本人様のみ有効で、換金、譲渡はできません。健康上の心配がない方で、期日までに旅行準備手続きを完了できる方に限らせて頂きます。

**********

まだ詳しい日程が決まっていない箇所も、決まり次第ご案内しますね!

NY撮影ツアーに関してはパスポートをお持ちでない場合、
いつまでに用意すれば良いかなどもご案内します。

今回、みなさんから本当に沢山の素敵な作品をご応募頂き、
編集部もコダックさんも感激しながら選考にあたっています。

ご応募下さったみなさん、ありがとうございました!


*****
9/4:「最優秀者」3名の「懇親会&ツアー説明会」についてのお知らせを追加しました。
9/10:「コダック賞コース」受賞作品の発表日は「9/9(金)頃」から「9月中旬」に変更となりました。
9/30:「フォトブック無料制作プレゼント」のご案内は10月上旬に変更となりました。
決まり次第お知らせ致しますのでご了承下さい。
[PR]



by camerabiyori | 2011-09-01 08:48 | 編集部便り

カメラ日和編集部日記 “カメラと写真のある毎日をもっともっと楽しく”
by カメラ日和編集部
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

ブログジャンル

画像一覧