カメラ日和編集部日記 “カメラと写真で毎日をもっともっとハッピーに”

<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧




カメラ日和学校第3期レポートvol.16

こんにちは、カメラ日和編集部の小木曽です。
12/19(日)のカメラ日和学校レポートです。

この日は「写真表現を学ぶ講座」を開催しました。
4回目は、wm,先生による写真を使ったものづくりを学びます。
自分のお気に入りの写真を使って簡単にできるフォトアイテムを
習いました。

まず最初に、持ってきたお気に入りの写真を使って
10連のライトやライトの付いたリース作り。
b0043961_353590.jpg

普通紙を使ってあらかじめ決まったサイズにプリントした写真をカット。
作るアイテムによって袋型にしたり、カットしたままの状態で
ろう引きをします。
b0043961_3525290.jpg
b0043961_3531112.jpg


ろう引きか加工は、紙にハリが出て丈夫になるだけでなく、
写真の色も鮮やかになります。
また、紙が半透明になるので、光が透けてとってもキレイに!
家庭用のアイロンで簡単にできるのに、見違えるように変身します。
紙質やインクの質によって、仕上がりの雰囲気が変わるのも面白いところ。
b0043961_3521741.jpg


ろう引きが終わったら、ライトに取り付けて完成です!
b0043961_3521172.jpg
b0043961_352762.jpg
b0043961_352084.jpg


続いて、クリスマス&年賀状になるポストカードを制作。

一枚はクリスマスカードを、もう一枚は自分宛の年賀状を作りました。

ポストカード大の写真の上に、リボンやフェルト、マスキングテープなどで
コラージュを施し、ラミネート加工をします。
b0043961_3522691.jpg
b0043961_3515540.jpg
b0043961_3515277.jpg


年賀状には、自分宛のメッセージを中に挟み込みました。
ラミネートした表面にもシールを貼ってメッセージを書いても良し、
中に挟み込んでも良し。
作る人のアイデアひとつで、さまざまなアイデアが活かせます。
b0043961_3514780.jpg
b0043961_3522195.jpg


出来上がったポストカードは、このまま切手を貼ってポストに投函すれば、
ちゃんとポストカードとして届くのも嬉しいですね。

最後に出来上がった作品の発表会です!
ライトをツリーや壁に掛けたり、テーブルに並べたりして飾り付け、
部屋の照明を落としてから、一斉に点灯。
幻想的な光に包まれながら、一足早いクリスマスパーティ気分で
発表会をしました。

いつもと違う、写真の楽しみ方を満喫した一日でした。
次回は最終回。寺澤先生の授業です。

b0043961_354176.jpg
b0043961_3543868.jpg
b0043961_3541964.jpg
[PR]



by camerabiyori | 2010-12-24 10:50 | カメラ日和学校

カメラ日和学校第3期レポートvol.15

こんにちは、カメラ日和編集部の寺田です。
12/18(土)のカメラ日和学校をレポートします。

午前中は赤荻武先生の「コンパクトカメラ講座」
今日は前期の集大成としてZINE(小冊子)作りの一回目です。
「自分の一週間」をテーマに写真を一冊にまとめます。

まずは写真選びとなりますが、真剣に悩むみなさん。
インパクトのある写真を表紙にもってくる、
余白のスペースを作る、中ページで写真を大きく見せるページを作る。
先生からのいくつかのお題をもとに構成を決めていきます。
b0043961_23504510.jpg

b0043961_2351619.jpg

先生にアドバイスをもらったり、受講生どうしで相談したり……。
いろいろ手を動かすことが完成への一歩。
b0043961_23514246.jpg

b0043961_23515875.jpg

b0043961_23521544.jpg

一回目は大まかな流れと、表紙写真を決めるところまで進めました。
どの写真を使うか選び、大きさやトリミングを決めて調整し、
素材や色の違う紙からイメージに合うものを選んでプリントし終了。
b0043961_23523317.jpg

b0043961_23525065.jpg

次回、みなさんの完成した作品を見るのが楽しみです!


午後の前半は長嶺輝明先生による「フィルム一眼レフ講座(通年)」
今回は5~6枚といつもより少し多めの組み写真を作成。
被写体とその距離による印象の違い、被写体とプリントの相性など、
それぞれの写真に講評をもらいました。
b0043961_23531849.jpg

b0043961_23533566.jpg

b0043961_23534994.jpg

b0043961_2354516.jpg

みなさんそれぞれ、好みの被写体が違うので、
風景写真、動物写真、室内写真……といろんなパターンの
シチュエーションのアドバイスを頂きながら
いろんな話を聞けるのが勉強になります。
b0043961_23542373.jpg

b0043961_23543775.jpg

次回は一枚を大きく六つ切りサイズにプリントして
組み写真にします。


午後の後半は長嶺輝明先生による「フィルム一眼レフ講座(半期)」
まずは先生に組み写真を選んでもらうことが恒例なのですが、
見てもらうときはいつもドキドキの様子のみなさん。
でも「これはどこで撮ったの? 何を撮ったの?」と
話しながら選んでもらう時間は、笑いありの楽しい時間でもあります。
b0043961_23545382.jpg

b0043961_23551035.jpg

b0043961_23552727.jpg

b0043961_23554286.jpg

とにかく何度も先生から聞いていることは、
写真の仕上げ、プリントの指示は大事ということ。
次の最終回は長嶺先生自らプリンターとなっていただき
デジタルミニラボ機「フロンティア」でプリントします。
b0043961_2356778.jpg

b0043961_23562259.jpg

いよいよ12月が下旬に入ります。
風邪に気をつけて、元気にカメラライフを送りましょう!
[PR]



by camerabiyori | 2010-12-18 23:28 | カメラ日和学校

カメラ日和学校第3期レポートvol.14

こんにちは、カメラ日和編集部の小木曽です。
12/11(土)のカメラ日和学校レポートをお届けします。

11日は全4講座を開催しました。
午前中にまず2講座。
1Fで嶋本先生の「ポートレート講座」、
2Fで鍵岡先生の「デジタル一眼レフ講座」を行いました。

「ポートレート講座」の2回目は、肖像風のポートレートがテーマ。
室内ではスタンドにバック紙をセットして、ライティングをして撮影、
屋外では自然光を活かして撮影をしました。

レフ板の使い方も学び、光の当たる向き、影の落ち方などを
レフ板でコントロールしながら、
交代でモデルになって撮影し合いました。

自然な表情を捉えるスナップポートレートとは違って、
ドラマチックなイメージな肖像風のポートレートはまた素敵ですね。

次回はお気に入りの一枚を額に入れて仕上げます。



鍵岡先生の「デジタル一眼レフ講座」は、
見ることにポイントを置いた授業。

これまでに撮影したお気に入りの写真を持ち寄って机に並べ、
一人一人の作品をじっくりと鑑賞。
コメントを紙に書いて置いていきます。
b0043961_3492230.jpg
b0043961_3482659.jpg
b0043961_3483888.jpg

自分が写真を通して伝えたかったことが
他の人にはどう伝わっているのか、
意見を伝え合うことではっきりと知ることができます。
さまざまな人の視点での見え方が分かると、
次に写真を撮るときの参考になります。

また、他人の作品を見て考えることで、
次はこんな撮り方をしてみよう、といったアイデアが湧いて
自分の表現の幅も広がりますね!
b0043961_3483240.jpg

1月の展覧会用の作品作りの参考になったでしょうか?
次回にどんな展示が並ぶのか楽しみです!



午後からは水野先生の「デジタル一眼レフ講座」。
この日は「動物」を被写体にした組み写真を仕上げました。

水野先生に選び方のアドバイスを受けながら
前回の動物園で撮った写真に宿題で撮影した動物の写真を加え、
自分で決めたテーマに沿って2~6枚の写真をセレクト。
六切にプリントしました。
b0043961_34819100.jpg

プリントの待ち時間を使って補正の勉強もしました。
補正ソフトの種類やどんな補正ができるのか、
補正に向いたデータを作るために撮影時に気をつけるポイントを
かいつまんで解説。
b0043961_34848.jpg

また、仕上げたい雰囲気によってどんな補正をしたら良いのかなどを教わりました。
b0043961_3475812.jpg

プリントが出来上がったら机に並べて発表会です。
b0043961_3475319.jpg

被写体はみんな同じ「動物」でもテーマが一人一人違うので、
さまざまな切り取り方があってバリエーションがいっぱい!
素敵な作品揃いでした。
b0043961_3474620.jpg

次回はこれまで習ったことを活かした作品1点を発表します。



夕方からは、井上先生の「写真コラージュ講座」です。
この講座は今回が最終回。
ポストカードサイズの蛇腹式アルバムを作りました。
b0043961_3474020.jpg

一枚ずつのポストカードサイズの紙を並べて
全体のバランスを見ながら、写真やコラージュ素材の配置を
シミュレーション。
b0043961_3472227.jpg

イメージができたら実際に貼って行き、ある程度できたところで
1枚ずつバラバラになっていたポストカードを
マスキングテープなどで張り合わせます。
b0043961_3472788.jpg
b0043961_3473218.jpg

ところどころに鮮やかな色の紙やモチーフを貼り
アクセントを付けたらできあがり!

大きく見開きで使った写真が印象的な作品、
色紙を効果的に使った作品、お手製モチーフがかわいらしい作品、
開き方に工夫をした作品など、個性たっぷりな作品が出来上がりました。
b0043961_3471760.jpg

みなさん、お疲れ様でした!
b0043961_3471164.jpg


次回レポートもお楽しみに!
[PR]



by camerabiyori | 2010-12-14 10:46 | カメラ日和学校

カメラ日和学校第3期レポートvol.13

こんにちは、カメラ日和編集部の寺田です。
11月最後の講座、関西校第二回のレポートをお届けします。

今回の先生は写真スタジオ「STU:L」の竹内靖博先生。
ブライダルや家族写真を中心に活動している竹内先生に
教わるのは「動きのあるポートレート」です。
b0043961_0492311.jpg

撮影場所はちょうど紅葉が見頃だった京都・長岡天満宮。
メインの被写体の上下左右に取る余白のバランスの取り方、
背景に入る被写体の入れ方による奥行き感の出し方などの
レクチャーを受けた後、実際に先生が決めた構図を
カメラを通して覗かせてもらいました。
b0043961_049444.jpg

b0043961_050365.jpg

b0043961_0503597.jpg


みなさんの「なるほど~」と思わず納得した声をたくさん聞きました。
「いままで人物を撮るときは表情ばかり気にしていました」という声も。

池の周りの通路や橋の上など、シチュエーションを変えて撮影の実践。
b0043961_0513095.jpg

こんなアクロバティックなポーズで盛り上がっているペアを発見。
楽しそうです!
b0043961_0515447.jpg

b0043961_0521837.jpg

そして合間には先生に撮った写真を見てもらいながら疑問点を相談。
b0043961_054114.jpg

b0043961_055560.jpg

その後、STU:Lへ戻り、本日のベストショットをプロジェクターで
鑑賞しながら先生に講評をもらいました。
b0043961_0555033.jpg

b0043961_056896.jpg

「人物写真は、被写体が笑っているということは撮り手も笑っていたということ。
そういう風に撮り手の存在が写っている写真を、僕はいつも撮りたいと思っているんです」
と話してくださった竹内さん。
日々、竹内さんが撮影されたステキな表情のブライダル写真や家族写真が
たくさん飾ってあるスタジオで聞いたからこそ、より一層染み入ったお話で講座を終了しました。

次回は大阪で暗室体験をします。

カメラ日和学校では、最初の講座でログペーパー
サービスを利用した受講証をお配りしています。
持ち物や宿題など講座の詳細は、カメラ日和学校の受講証に
記載している受講生専用掲示板でご確認くださいね。
b0043961_0581343.jpg
[PR]



by camerabiyori | 2010-12-08 01:05 | カメラ日和学校

カメラ日和学校第3期レポートvol.12

こんにちは、カメラ日和編集部の寺田です。
11/20(土)のレポートをお届けします。
9月から始まったカメラ日和学校も11月で第3回。
みなさんも講座に慣れて和やかさが増してきました。


午前中の1Fでは赤荻先生の「コンパクトカメラ講座」を開講。
今回のテーマは「課題を見つけて克服する技術を学ぶ」です。
事前にお悩みを募ったところ、露出や構図について
さまざまな内容が届きました。
b0043961_22163175.jpg

先生から回答、解説を聞きながら熱心にメモを取るみなさん。
他の人の質問にも発見が多く、真剣な眼差し。
b0043961_2216544.jpg

理論を勉強した後、雑貨をスタイリングしてすぐに撮影の実践です。
窓からの光、スタイリングした雑貨を覗く角度など
1枚の写真を撮るにも気をつけることはいくつもありますが、
「撮りたいイメージを整理してゆっくり撮りましょう!」という
先生からのアドバイスのようにじっくり、
そしてたくさん撮って覚えていきましょう!
b0043961_22171252.jpg



2Fではgg先生による「スウェーデンへ写真旅行へ行く講座」の最終回です。
旅行から帰ってきて早くも1ヶ月以上が経ちました。
でもみんなの写真を見ていると、つい先日のように
楽しかった日々が思い出されました。
b0043961_22172951.jpg

今日は集大成として、写真と旅先で集めたチラシやチケットなどの
コラージュ素材を組み合わせて、スクラップブックを作成。
写真を切り抜いたり、先生が用意してくれたかわいいフォント集を
コピーして見出しを作ったり……。
b0043961_22175557.jpg

バランスや構成に悩んだら、先生にも相談。
客観的なアドバイスで、スッと落ち着くところに落ち着きます。
b0043961_22181010.jpg

盛りだくさんのコラージュで、もとは5ミリの厚さだったみなさんの
スクラップブックが何倍にも膨らんでいました。
b0043961_22182798.jpg

完成品はというと……、何とスペシャルなことに
旅先で撮影した写真とともに展示しようという話が浮上しました。
場所は馬喰横山のギャラリースペース「カラーワークスビル」にて
2011年1月に開催予定。
詳細は改めてこのブログにアップしますので、ぜひ足を運んで下さいね。

またそれとは別で、2011年1月公開のフィンランド映画「ヤコブへの手紙」の
上映会場では、受講生が撮影したフィンランドの写真を展示します。
映画館情報をチェックして、ぜひ映像と写真でフィンランドの雰囲気を感じてみてください!
http://www.alcine-terran.com/tegami/


さて、午後の前半は長嶺輝明戦線による「フィルムイと眼レフ講座(通年)」
宿題で撮ってきた写真から先生に組み写真を選んでもらい、壁に貼ったら
今回のテーマ「かわいいプリントについて」のお話です。
b0043961_22185673.jpg

b0043961_22193940.jpg

何を被写体にするかに加えて、どうプリントするかが
かわいい写真の大事なポイントということを、
色味を変えてプリントした先生の写真を見本に見せていただきながらみなさん納得。
b0043961_2219237.jpg

恥ずかしがらずに写真屋さんに色味の相談をしていきたいですね。


午後の後半は1Fで石川美和先生による「写真で雑貨作り講座」
11月ということもあり、みなさん年賀状を想定したグリーティングカードを作成しました。
b0043961_22195911.jpg

いつも雑貨作りではパーツ選びにみなさんウキウキなのですが、
今回はいつもに増して大変です! 
というのも、それぞれ1点ものの外国製の古本のブックカバーや、
紙製の動物や花のモチーフが素材だったので、まずはじゃんけん大会が始まりました。
b0043961_22201366.jpg

写真ははがきの1/4サイズにプリントし、他の素材とコラージュ。
風景写真、お菓子をスタイリングした写真、雑貨の写真を模様のように撮った写真……と
完成品を見るとみなさん得意な写真使いがあって面白い。
b0043961_22203112.jpg

はがきサイズの紙にカラーコピーすると、原画と質感が変わって
「売っているポストカードみたい!」とみなさん大満足。
最後に交換し合って終了となりました。
b0043961_22204567.jpg



2Fでは長嶺輝明先生の「フィルム一眼レフ講座(半期)」を開講。
まずは宿題で撮ってきた散歩写真、小旅行写真を先生に見てもらい組み写真に。
みんなの写真を見ながら講評を貰いました。
b0043961_222138.jpg

b0043961_22212331.jpg

長嶺先生の話は、露出やプリントについての技術的なことがもちろんありつつ、
組み写真を見ながら周辺の様子や、撮った人の気持ちを想像して
話してくれる内容がとても面白くて、いつも笑わせてくれます。
写真を見ることって楽しいなと改めて感じます。
b0043961_22214048.jpg

b0043961_22215315.jpg

次回もみなさんの写真が楽しみです。

これから寒くなってきますが、部屋の外でも中でもどんどん写真を撮って
学んだことを馴染ませていきましょう!
[PR]



by camerabiyori | 2010-12-07 22:24 | カメラ日和学校

34号デジタル一眼特集 取材裏話(1)オリンパス編

こんにちは、カメラ日和編集部の寺田です。
「デジタル一眼特集」の34号は、もう手に取って頂けたでしょうか。
写真家さんと各メーカーさんにご協力頂き、編集部に一眼カメラを
一同に集め、比較検討しながらの誌面作りとなりました。
パンプレットでは分かりづらい、メーカーさんそれぞれの
熱意と製品開発へのこだわりを感じることができたその取材の様子を、
少しずつですがブログでお届けしていきます。

1回目はオリンパスさんです。
マーケティングサポート部の鳥居晋一さんにお話を伺いました。
b0043961_167214.jpg

b0043961_1625423.jpg


「上質な画質、上質な操作性、上質なデザイン」を掲げて開発された
『PEN Lite E-PL1』と『PEN E-P2』。
おしゃれなデザインとアートフィルターを使った撮影の楽しさで
「持ち歩きたい」と思わせてくれるカメラです。
液晶表示のデザインを30代の若手女性エンジニアが手掛けたというお話には、
同世代女性が関わっていらしたことに親近感を覚えました。

鳥居さんはいつも『PEN Lite E-PL1』なら「iAuto」に設定し
ライブガイド機能を使って背景ボケを簡単にコントロールしたり、
『PEN E-P2』なら普段は「Pモード(プログラムオート)」で、
ここぞというときはアートフィルターでの撮影を楽しんでいるそうで、
コンパクトだけれどフォーサーズサイズの撮像素子を搭載している
「PEN」シリーズなら、オート機能を使って、手軽にクリエイティブな写真が
撮れることを教えて頂きました。

使ったプロの写真家さんたちからも「とにかく簡単にきれいに写る」と
嬉しい評判が届いているのだそうです。

カメラ日和34号で少し紹介しているように、
12/4には新しいモデル『E-PL1s』が発売となります。
楽しみですね!

【カメラ日和34号「デジイチ+レンズのお楽しみレシピ」はこちらから購入できます】
http://www.amazon.co.jp/カメラ日和-2011年-01月号-雑誌-VOL-34/dp/B0049V4MTQ
[PR]



by camerabiyori | 2010-12-06 16:07 | 編集部便り

カメラ日和編集部日記 “カメラと写真のある毎日をもっともっと楽しく”
by カメラ日和編集部
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

ブログジャンル

画像一覧