カメラ日和編集部日記 “カメラと写真で毎日をもっともっとハッピーに”

「被写体なるほど見本帳2011」を参考に編集部も撮ってみました!〜パート2〜

みなさんこんにちは。

『カメラ日和 35号』「被写体なるほど見本帳2011」を参考に、
編集部スタッフが撮った写真をご紹介するシリーズ。
2回目は竹内がお届けします☆

いつも雑貨やインテリア、スイーツなど定番な被写体ばかり撮りがちなワタシ。
写真は好きでも自分の撮る写真に何となく飽きてきてしまっていたのが悩みでした。

そんな状態から脱出すべく「被写体見本帳2011」を参考に、カメラを持って町をキョロキョロ。
まず目に留まったのは、編集部の最寄り駅にあるこちらの『歩道橋』
P44の松島徹先生による作例『歩道橋』を真似て撮ってみました。
b0043961_22545388.jpg
b0043961_22542389.jpg

この歩道橋は、近くに球場があってたくさんの人が利用するためか階段の幅がすごく広いんです。
改めて「ちょっとめずらしいかも」と思い、階段もパチリ。
両脇に高い建物がないので空をバックに、冬の晴れた日の光の中で気持ちいい写真が撮れました。

お次は、P32の嶋本麻利沙先生の作例『工事中カバー』
b0043961_22543017.jpg
b0043961_2259433.jpg

これまで“撮ろう”と考えたこともない被写体ですが、
撮り始めたら「次はこう撮りたい」「こんな素材と出会いたい」などなど、
カバーを探すのが楽しみになってしまいました。

ブラブラしていたら、古い木造アパートにかわいい『柵』があるのも発見。
いつもここを通るときは違う古びたパーツを愛でていたため、こんなに味のある柵があることに気付きませんでした!
b0043961_22542780.jpg

P33の長嶺輝明先生による作例で「とにかくバリエーションがあり撮っていて飽きません」とコメントされていましたが、私もこれをきっかけに『柵』の魅力にハマりそうです♪

初めて撮る被写体はどう切り取ったら自分の気分にピッタリくるか、構図やアングルを探る過程にも夢中になれます。
「被写体なるほど見本帳2011」には、他にも撮ってみたい被写体があれこれあるので、
ひとつひとつチャレンジするだけでも、自分的マンネリ感が解消されそうです!
[PR]



by camerabiyori | 2011-01-31 23:35 | 編集部便り

カメラ日和編集部日記 “カメラと写真のある毎日をもっともっと楽しく”
by カメラ日和編集部
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

ブログジャンル

画像一覧